ガレージキット紹介等


カテゴリー


プロフィール

nimo0007

Author:nimo0007
海水魚飼育と模型・ガレージキット制作。
他にも結構多趣味な昭和テレビ世代です。
「テレビに夢中だった頃のなつかしい思い出」と「ものを作る楽しみ」を伝えたくこのブログをはじめることにしました。
ちょっと大げさですね。
最近は、怪獣キットも数少なくなってきたことから、模型制作とフィギュア原型の制作が中心になっています。
私の制作技術などはとてもプロの方には及びません。
自分で作り上げた作品の記録なども掲載していく予定です。
ちなみに「nimo」というニックネームは、海水魚飼育も趣味だからです。
海水魚飼育のブログ「ニモを飼おう!!」も書いています。
海水魚飼育に興味がある方。
暇つぶしに読んでやってください。


ボークス


Shopping1


Shopping2


Shopping3


最近の記事


月別アーカイブ


デイリー総合ランキング


スポンサードリンク


まとめ

フィギュア製作(ストリートファイターキャミー編)

原型01 (4) 原型01 (2) 原型01 (3) 原型01 (1)

ながらく模型製作から遠ざかっていましたが、久々の製作は、フィギュアです。
何もない無の状態から造形物を作り出すのが、フィギュア原型製作。

以前から一度、本格的にやってみたい分野でしたが、このジャンルだけは手つかず状態。
粘土にさわりはじめたとたんに、まず、顔の製作でつまずいてしまう有様でした。




原型完成 (8) 原型完成 (4) 原型完成 (3) 原型完成 (1) 原型完成 (2)
2015年7月から製作に入り、原型もどきなるものがなんとか完成しました。
*2015年10月23日原型もどき完成。
フィギュア製作は、そのまねごとをしたことはありますが、すぐに挫折。
手や顔の製作で必ず、つまずいてしまいます。
模型製作のようにはいきません。

そこで、覚悟を決めて某フィギュア製作教室に通うことで始めてみることにしました。
原型もどき製作期間は7月中旬から始めて、ほぼ約3ヶ月程度です。

実は少し無謀なこころみでしたが、同時に2体製作しています。
一つは、ウェーブのエポキシパテによる原型製作。
モチーフは永井豪原作の「デビルマン・レディー」。
製作期間は7月初旬~10月10日
もう一体は、ストリートファイターの「キャミー」をモチーフにしての製作です。
こちらは、グレイスカルピーを主体に製作しています。
製作期間は7月中旬~10月23日

いずれも、7月から製作、無謀にも2体同時平行の製作です。
実は、フィギュア原型製作も模型と同様。とにかくまず、完成させることです。
失敗するのはあたりまえ、いかに根気よく失敗をリカバリーしていけるのか・・・
それくらいの気持ちで始めてみます。
原型完成 (14) 原型完成 (13) 原型完成 (11) 原型完成 (12) 原型完成 (10)

また、期限を無理やり区切って、一度完成させることを目指すのはものづくりでは大事なポイントです。
その意味では、毎週、決められた日にフィギュア製作教室に通うのは、いいことです。
必ず、毎週の作業目標を決めて製作していくことができます。

1体目に手掛けたのは、ウェーブのエポキシパテによる原型製作「デビルマンレディー」。こちらは、現在、原型としての分割を完了し、型とりの作業に進んでいる状況です。

今回の記事では、2体目の造形物となったストリートファイター「キャミー」の製作過程を紹介したいと思います。
この「キャミー」の製作は、グレイスカルピーを中心に使用しています。
原型完成 (18) 原型完成 (16) 原型完成 (17) 原型完成 (15)

焼き固めるときに、いろいろな問題を起こすといわれるのがスカルピーです。
私の場合も、焼き固め時にひび割れが発生し、その修復にかなりの苦労をしいられました。
今回は、製作まで手順・必要な用具・造形時のポイント、そして大きな問題となった「焼き固め時のトラブル」を中心に記事を掲載していきたいと思います。

1.資料収集
作りたいものを考えたら、まず、資料集めです。
はじめてのフィギュア製作ですから、わからないことだらけ。
人の骨格のつくりなどは、デッサンなどで学んでいない限り正確にはわかりません。
逆にこれを理解していると造形作業がひじょうに楽になります。

そこで、とにかく資料収集です。
自分の体の写真をとったり、ウェブカメラで撮影したり、製作するものと同じポーズの資料をできるだけ揃える。もちろん、ネットの画像もフル活用します。
この資料集めがフィギュアのできに大きく影響します。
資料をよく見て作る。どうも、これ以外に造形上達の近道はないようです。
基準になる実物大の裸体図は、必ず用意しておきます。(資料実物大裸体図参照)

(資料実物大裸体図)
実物大裸体図4 実物大裸体図2 実物大裸体図3 実物大裸体図1

これを作成しておくと、左右の手足の大きさなどをそろえることが楽になります。
全体のバランスチェツクにも役立ちます。
つまり、実物大の裸体図が造形の設計図になる訳です。
また、完成図(イメージ)は用意しておきます。
ない場合でも、落書きレベルでも良いので書き起こしておくことです。
この手順をふまないと、人は脳内保管を勝手に行い、造形物とのつじつまがあわなくなることがあります。(資料完成図参照)

(資料完成図)
完成図 (3) 完成図 (2) 完成図 (1)

2.製作物に適した材料を選択
製作物が決定したら、その材料(素材)を選びます。
今回は、筋肉の流れを忠実に再現したいため、製作素材はグレイスカルピーを選択しました。
筋肉美を再現しやすい素材としては、スカルピーは最適です。

ただし、ここで注意すべきことがあります。
製作途中でトラブルが発生します。
グレイスカルピー、スーパースカルピーは、今回のような23センチ近くある原型製作で、その芯材の選択を誤ると、焼き固めるときにひび割れを起こすという大きな欠点があることです。
スカルピーの製作指導者にこの現象について確認したところ、比較的小さなフィギュアでは、今までそれほど問題になったことはないそうです。
ところが、少し大きめの原型で、ファンドを芯に使用した場合は、確実にひび割れを起こします。
いくら修復しても、焼き固めるごとにひび割れを起こします。
後程、調べてみたところ、スカルピー系の製作では、みなさん多かれ少なかれこの問題で苦労を強いられているようです。
一度、全体を作り上げて、その後、分割する方法は、フィギュア製作初心者にとっては適した方法ですが、焼き固めるたびに、ひび割れ修復を繰り返すことになり、大幅な時間をロスします。
分割作業で原型が壊れるのならまだ納得がいきます。
しかしながら、せっかくきれいに造形したものが、焼き固める際にひび割れを起こす現象は、精神面で製作意欲を大きく失わせる大きな欠点です。
ほとんど完成させてから焼き固めるスタイルが主流になるスカルピー製作では、致命的といえます。
心が折れてしまいます。
フィギュア教室で学ぶ場合でも、このようなことはあまり詳しく教えてくれません。
*ちなみに対処方法については、この後の記事に掲載しておきます。

3.使用用具
① グレイスカルピー
色がグレーのため傷などが見つけやすい素材です。
感触は柔らかめ。個人的には、もう少し硬さがあると扱いやすいように思えます。
十分に焼き固めないと、非常にもろい素材ですので焼き固めは十分に行うようにします。

グレイスカルピー【HLS_DU】

② Mr.スカルプトクレイ
グレイスカルピーの代変え材料として、製作途中から使用した素材です。スカルピーの中では、一番お気に入りの素材です。
ただし、十分に練らないとグレイスカルピーに比べてひじょうに固く感じます。
良い点は、適度な弾力があり、割れたりかけたりすることが少ないことです。
色がベージュのため、傷の発見がしづらい欠点もありますが、サーフェイサーを吹き付ければ問題ありません。焼き固めた後に気軽にヤスリをかけることができる点もお気に入りです。
エナメルシンナーを上手につかって盛りつけていけば、彫塑的な使用方法が簡単にできます。ただし、非常に固いため、手でこねるのはかなり無理があります。
たぶん、よほどの怪力の持ち主でないかぎり、パスタマシンが必需品になります。
また、Mr.スカルプトクレイは、フタル酸エステルを含まない素材です。
安心して素手で触れることができる素材でもあります。
次回からの造形は、この素材を中心に行う予定です。

★10/28 13:59迄ポイント5倍・Facebook経由5000円購入でP5倍★【Joshinは平成20/22/24年度製品...
★10/28 13:59迄ポイント5倍・Facebook経由5000円購入でP5倍★【Joshinは平成20/22/24年度製品...

③ スパチュラ、Taper Point soft
実はスパチュラ以上に、「Taper Point soft」は、一番のお気に入りです。筆のような形状でスパチュラの代用品として頻繁に使用しています。もはや、これがないと造形できません。
入手しづらいのが欠点です。(資料Taper Point soft参照)

(資料Taper Point soft)
Taper Point soft

3240円以上で送料無料!(沖縄県を除く)【パジコ】粘土用ツール ステンレス細工棒(粘土用)

④ 造形村GKサーフェイサー
表面仕上げ時の、サーフェイサー吹きに使用します。
ボークスのものは、乾燥も早く、慣れない人が吹き付けても失敗が少ないです。
ただし、塗膜が厚いためモールドをつぶさないようにする注意が必要です。
製作中は、修復ごとに、何度もサーフェイサー吹きを繰り返すため、塗膜はどんどん厚くなって行きます。特に顔のモールドをつぶさないようにする注意が必要です。
ちなみに、このサーフェイサー、以前はソフト99と同じものでしたが、現在のソフト99の成分は変更をされているようです。このサーフェイサーはボークス以外では購入できないようです。
また、造形村GKサーフェイサーの代わりに、ビン入りサーフェイサーグンゼの1000~1200をエアーブラシでピンポイントに吹き付けることができます。
この方法なら吹きすぎを回避することができます。
目詰まりをさけるため、エアーブラシの口径は0.3mm以上のものを使用します。
サーフェイサーを吹き付け後、表面を1000番~1200番程度で磨いてあげると型の持ちがよくなります。

造形村 GKサーフェイサー・グレー|造形村
Mr.サーフェイサー1000

⑤ アルミ線1.6mm 骨組みの芯に使用します。100円ショップのものでも十分です。
人のフィギュアの場合、体の中心線を意識することは大事なポイントです。
分割の作業の際は、芯は邪魔な存在になりますが、スカルピー製作では、骨、骨格の代用として使用するアルミ線は必要になります。
針金は分割時に切断するのに苦労しますので使用はやめておきます。

⑥ 石粉粘土ファンド
今回、芯の第一段階の肉付けに使用しました。
ところが、グレイスカルピーとの相性は特に悪いようです。
個人的には二度とこの組み合わせをやるつもりはありません。
石粉粘土ファンドを芯に使用するときは、Mr.スカルプトクレイで試してみたいと思います。

 【23%OFF】○石粉粘土 ファンド[クレイクラフト/粘土/ねんど/石粉粘土]

⑦ 100円ショップネイルアート小物、ジュエリーシール、ストーンシール、デコパーツ、ホットフィットなど
100円ショップ、ユザワヤなどの小物アクセサリーはうまく利用しましょう。オビツドールなどでも使えそうなものは結構発見できます。
細かいパーツをすべて造形するのではなく、使えるものは積極的に利用します。これらの小物は瞬間接着剤で簡単にとりつけることができます。
今回は、こんな部分に活用しています。(資料パーツ活用参照)

(資料パーツ活用)
資料パーツ活用(1) 資料パーツ活用(2) 資料パーツ活用(3) デコパーツ1


⑧ 瞬間接着剤、硬化促進剤
どうも、100円ショップの瞬間接着剤は熱に弱い傾向があるようです。
おススメは、保存用の袋がついているウェーブのものがおススメです。
瞬間接着剤は空気中の水分と結合して固まります。保存用の袋は必需品になります。

★10/28 13:59迄ポイント5倍・Facebook経由5000円購入でP5倍★【Joshinは平成20/22/24年度製品...
★10/28 13:59迄ポイント5倍・Facebook経由5000円購入でP5倍★【Joshinは平成20/22/24年度製品...

⑨ パール金属 ピアッティー パスタメーカー C-119
丈夫なつくりのしっかりとしたパスタメーカーです。
スカルピー、Mr.スカルプトクレイをこねるときに威力を発揮してくれます。
実はフタル酸エステルを含まないMr.スカルプトクレイなるものが販売されています。

★10/28 13:59迄ポイント5倍・Facebook経由5000円購入でP5倍★【Joshinは平成20/22/24年度製品...

使用してみた結果、こちらは、焼き固めたあともかけるようなことも少ないようです。
試した訳ではありませんが、このタイプ(Mr.スカルプトクレイ)なら、ファンドの上に使用してもひび割れを起こさないかもしれません。
欠点は十分にこねないとかなりの固さがあることです。
そこでこのパスタメーカーが活躍します。ネットで検索したところ、スカルピー造形をしている方で、このパスタメーカーを使用している方は多いようです。これなら、簡単にスカルピーを柔らかくすることができます。

パスタを手作りで!うどんも作れます。【10P24Oct15】 【パ−ル金属】 ピアッティー パスタメー...

⑩ CV-Junior
スカルピー焼きからプラ模型用の乾燥機としても利用できます。
30度40度程度の温度設定も可能です。プラモデルの乾燥にも使用できる点もおすすめです。
これならエポパテ乾燥も50度程度で実施できますので、膨張させることもありません。
もちろん、スカルピーも十分にやくことができます。
23センチ程度の大きめのフィギュアも、そのまま焼くことができる大きさがあるので助かります。

【即日出荷・一万円以上送料無料!】CARVEK小型乾燥器クラフトオーブンCV-JuniorNO2199

⑪ SSP
スカルピーの大きめの傷を埋めるのに有効です。
比較的柔らかいのでペーパーがけのときに苦労しなくてすみます。
欠点は価格が高く、長期保存ができないことです。
レジン、ソフビにも使用できるすぐれものです。
細かい傷はラッカーパテで修復し、おおきめの傷はSSP。
傷の大きさによって使い分ける方法が有効です。

瞬間接着パテMr.SSP(瞬間接着パテ) [接着剤]

⑫ タミヤパテ(ベーシックタイプ)
細かい傷を修復するパテとして使用します。あわてずに、十分にかわかすことがポイントです。そうすれば細かい傷を消すことができます。
大きい傷は引けてしまいますので、あくまでも細かな傷の修復用です。

【タミヤ TAMIYA パテ】タミヤ タミヤパテ(ベーシックタイプ)(V0544)

⑬ ピンバイスセット
5本セットがあると刃を変える手間がなく、作業効率がいいです。

ピンバイスセット/ドリル5本セット/1mm/1.5mm/2mm/2.5mm/3mm/資材 道具/手芸用品/激安/お得!...

⑭参考書籍
人体のデッサン技法
手元に1冊おいておくと参考になります。
某フィギュア造形教室のおすすめ書籍です。
特に手足の造形に役立ちました。
そもそも絵画用の書籍ですが、作業をすすめながら読み返していくとこの本の良さがわかってきます。
造形になれないうちは、資料を反転させて左右両方の資料を用意しておくとミスが少なくなります。反転はパソコンを活用すれば簡単にできます。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】人体のデッサン技法改訂版 [ ジャック・ハム ]

アナトミー・スカルプティング
顔のつくり方に悩んだとき、役にたちました。
人の骨格を中心に造形の解説をしている書籍です。
書籍のなかでの使用材料はNSPですが、スカルピーに応用することができます。
骨格を理解することが造形上達への近道です。
まったく、顔製作できなかった私が、なんとか顔を製作することができたのは、片桐氏の動画を参考にしたことが大きいです。
往年のタツノコプロの画力は世界一といわれていたのは、骨格を正確に描いていたからといわれます。造形において骨格を理解することは大事です。
某フィギュア教室スカルピー講師もおすすめの1冊です。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】アナトミー・スカルプティング [ 片桐裕司 ]

⑭ カッター(30度のもの)
角度のあるカッターは1本用意しておきます。
ほとんどの削り作業は、これ1本でできます。
次回、掲載予定のエポパテによるデビルマン・レディーなどの削り作業は、これ1本で製作しています。
スカルピーは焼き固めたあとでも、加工することはできますが、カッターで形を整えてから、400番程度の紙やすりで磨いていくやり方になります。

オルファ OLFA / オルファカッター リミテッドシリーズ リミテッドSK

⑮ 紙やすり(三共理化学)
原型製作の表面仕上げでは、指がいたくなります。
爪が変形してきます。
それくらい、頻繁に使用するのがこの紙やすりです。
紙やすりは、安いものから高いものいろいろありますが、三共理化学の耐水ペーパーがおススメです。(学校でも推奨していました)
しっかりしたものは、紙に適度な厚みがあり、削る作業がほんとうに楽になります。
スカルピーは、特に目詰まりを起こすので、水とぎできる耐水ペーパーがおススメです。
水とぎは、削りすぎに注意すれば、削りカスをちらかさない効果もありますので、個人的に好きな削り方です。
番手は320番・400番・600番・仕上げ用として1000番を用意しておきます。
あまり説明されないことですが、紙やすりには目があります。
目にそって1㎝程度に細長く切ったものを使用していきます。ケチらずに目詰まりしたらどんどん新しいところを使用するのが、きれいな表面をすばやくつくるコツの一つです。

三共理化学D耐水ペーパー 紙ヤスリは当店で!!【三共理化学】耐水ペーパー DCCS#120〜#800...

⑯ 彫刻刀(パワーグリップ)
サイズは1.5mmのものを中心に数本用意しておきます。
平刀、丸刀があればとりあえず十分です。
丸刀は分割作業のときのダボを掘るときに使用することが多いので、1本用意しておくと便利です。
当面のけずり作業のほとんどは、30度刃カッターがあれば十分です。

【エントリーでポイント最大10倍 10月30日9時59分まで】パワーグリップ彫刻刀 丸/1.5MM81015/三...

⑱エナメル溶剤(タミヤ)
スカルピーは、焼き固める前であれば、エナメル溶剤、ペトロール、ラッカーシンナー、無水エタノールでも溶かすことができます。
この特性を利用して表面処理を行うことができます。
溶けすぎて困るときは、揮発性が良いラッカー溶剤を使用する方もいるそうです。
通常はエナメル溶剤だけで十分です。
また、焼き固めた上にスカルピーを盛り付けるときは、これらの溶剤が必ず必要です。
個人的には、専用のリキッドスカルピーまでは必要ないように思えます。

【1万円で送料無料】【4950344996605】タミヤ 80030 エナメル溶剤(大ビン)

⑲ヒートガン
部分的な加熱を行うのに使用します。今回の製作では、ひび割れ防止のために部分的な加熱を頻繁に行いました。
フル活用しています。
ただし、慣れないと素材を焦がすことになります。
また、特にやけどに注意です。
先端部分はやけどするくらい熱くなりますので、扱いには十分な注意が必要です。
実はスカルピーは製作途中では完全に硬化させる必要はありません。
造形しやすい程度に固めればそれでよいのです。
むしろ、適度に柔らかい方が加工しやすい場合もあります。
そんなときは、このヒートガンで少しだけ焼き固めてあげます。(形がくずれない程度に加熱)
完成段階になってから、オーブン等でしっかりと焼きこめばそれでいいのです。

【到着後レビューで送料無料】超強力 1800W ヒートガン ホットガン ★プレステ・PS3の修理など...

⑳精密ヤスリ
壺竹(TSUBOTAKE) 超精密ヤスリ 0.8mm 丸 BSELM008
これは1本あると便利です。特に顔の造形で使用しました。目や口のモールドを掘ったり、細かい部分を少しずつ削ったりするのに重宝します。サイズは0.8mmのものがおすすめです。
今では手放せないツールの一つです。
アマゾンで購入することができましたが、現在、売り切れ状態のようです。

㉑マスキングテープ
タミヤのものが定番ですが、スリーエムのものが安く入手できます。
ホームセンターなどで、購入するとお安く取得できます。
ちなみにタミヤのものは、中身はスリーエムと同等品だそうです。
塗装時に使用するマスキングテープですが、凸モールド(模様)を原型に入れるときにこのテープが利用できます。
模様の形に切り取ったものを、張るだけです。
添付写真のように、その上からサーフェイサーが吹きつけると、あら不思議、原型の一部となってしまいます。(資料マスキング活用参照)

(資料マスキング活用)
資料マスキング活用(1) 資料マスキング活用(2)

☆☆2899 50X18【カード対応OK!】■〒3M/住友スリーエムマスキングテープ 2899 50mmX18m 2...

㉒エポキシパテ(ウェーブ)
意外にもスカルピーの修復材料として使用することができた素材です。
ただし、熱に弱い側面があります。耐熱温度は80度程度までと言われます。一度、固まったものはそれほど熱に弱いようではありませんが、80度以上で強制乾燥させると熱膨張を起こします。
あくまでも焼き固める必要がなくなった時に使用する素材です。
「Taper Point soft」で原型におしつけてすりこむように使用すると、小さめの傷でも補修することができます。硬さがそれほどないため、スカルピーの補修材としても十分に利用できます。また、ワセリンを離型剤として使用することができます。

ウェーブ エポキシパテ【軽量タイプ】

㉓水筆
インクの代わりに、これにエナメル溶剤をいれておきます。これでスカルピーに直接溶剤を塗りつけます。
追加盛り付けを行う、Mr.スカルプトクレイを使う時に利用しています。



4.スカルピー製作の手順
正直文書だけでは、ひじょうにわかりづらいです。
乱筆ながら今回のグレイスカルピーによる製作手順を以下にまとめてみました。
ただし、この大きさで芯にアルミ線・ファンドを使用する場合は、グレイスカルピーはやめましょう。
試したわけではありませんが、肉付けは「グレイスカルピー」のかわりに「Mr.スカルプトクレイ」で行う方が無難だとおもわれます。
実践する場合には、「グレイスカルピー」部分を「Mr.スカルプトクレイ」に読み替えて読んでいただけると参考になるかもしれません。

①アルミ線による芯の製作
はじめてフィギュア製作では、軸になる芯をつくる作業は重要です。
特に背骨のライン、体の中心線を意識してつくります。
裸体図をもとにアルミ線で骨組みをつくります。
アルミ線は1.6mm使用(全長23センチフィギュアの場合)
*アルミ線は簡単に切断することができます。その後の分割作業を考慮し、アルミ線を使用します。
アルミ線の長さは、腕は手首の先あたりまで、足は長めに台に固定できるようにします。
いずれも、少し長めにすると、手首、足首の取り付け時に便利です。

背骨部分の骨組みは身長の2倍程度のアルミ線を二つ折りにしてねじる。長さは頭部耳の上あたりを目安にする。(ただし、背骨の湾曲を考慮してアルミ線の長さは少し長めにしておきます)
骨盤部分は一番外側にアルミ線をもってくるが、腿部分の粘土が外側にはみださないようにします。(資料1参照)

(資料1)
資料1

②芯への肉付け(資料1参照)
アルミ線にファンドを巻きつけていきます。
今回、ファンドで行いました。まず、関節までの部分の芯をつくる。少し小さめに作成しておきます。先に棒状に作成し、それをアルミ線に通す形で作成します。
一度、通したあとは、ファンドに触らないこと。
すぐに触るとファンドは、崩れてしまいます。
背骨部分の芯は背骨のイメージで芯を作成するが、厳密には背骨ではない。背骨よりも内側にアルミによる芯を作成することになります。
このことを考慮にいれながら、このあとのスカルピーによる肉付けを行うことになります。
胸1.5センチのひし形。骨盤2センチの二等辺三角形をファンドで作成します。
股の位置はこの粘土部分よりも下に位置する点に注意。臀部部分の肉付けを行う時に注意が必要。(少し下に作成する必要がある) (資料1参照)
注意事項
アルミ線を折り曲げるときは直角に曲げる(ペンチでしっかりと行うこと)
アルミ線位置が固定できない場合は瞬間接着剤で固定する。
ファンド盛り付け後はすぐに触らないこと
*腿の部分のファンドは外側に飛び出ないように注意。

③おおまかな足首パーツをファンドで作成する。
足部分の芯となるパーツもファンドで作成します。
*もっとも、製作途中にくだけてしまいスカルピーでつくりなおしています。
フィギュアがこのくらいの大きさ(23センチ程度)になると、足首部分には、丈夫な2mm以上のアルミ線や真鍮線をいれておく方が安心です。
結局、2.5mmのアルミ線をいれなおしています。

そして一度、ファンド肉付け部分をすべてオーブンで乾かします。
ファンド盛り付けが少量の場合は、オーブンによる100度前後の加熱も大丈夫です。
ちなみに、造形素材のうちもっとも熱に弱いのはエポキシパテです。
エポキシパテは、80度以上で強制乾燥させると熱膨張をおこします。
ファンド・ポリパテは比較的耐熱性にすぐれています。
当然のことながらスカルピーは問題ありません。ちなみにスカルピーは何度かに分けて加熱を繰り返すと硬度がましてくるようです。

④足部分のとりつけ。
足部分に1.5mm程度のピンバイスで貫通させてアルミ線を通し、瞬間接着剤で固定します。
*作業途中で2.5mmのアルミ線をいれなおしています。

⑤ ポージング決定
ここまでできたら、ポージングを決定します。
ポーズがきまったら、瞬間接着剤、ファンドで関節部分を固定します。
背骨部分も同様に固定します。(背骨部分はS字曲線を意識すること)
実はこの時点で、それらしく見えないときは解剖学的に骨格に矛盾点があります。
ポージングは、フィギュアの出来に大きく影響しますので十分な時間をかけて、この時点でそれらしく見えるまでくりかえし納得するまで作業します。

盛り付け作業は、初めに腰の部分に少しだけファンドをもりつけることから始めます。
まず臀部部分を作成する。(股の部分は、ファンド腰部分よりも下に位置している点に注意)→忘れがちなので注意  股下部分の位置がわかるように目印をつけておくと造形がしやすいです。(資料1参照)

⑥スカルピーの盛り付けによる作業
いよいよ彫塑により形を整えて行きます。
細部を作りこむのではなく、まず、大まかな形を出すように心がけることが大事です。
作業中は粘土の表面はあれたままでOK、表面仕上げは最終段階で行います。
腰まわりをはじめに作成すると全体のフォルムが把握しやすくなります。
まず、腰部分のファンドの芯にスカルピーを盛り付けて行きます。臀部を作りこみます。
腰の部分を中心に盛り付ける時には、足の長さのバランスに注意。
腰・肋骨・頭を大まかに作成してしまい全体のバランスをとるようにします。
ファンドとスカルピーの間には特に空気が入りやすいです。
筋肉状に伸ばしたスカルピーを盛り付けていくことで、ある程度避けることができます。定着しやすいように伸ばしたスカルピーをはじめに少し盛り付けると比較的、食いつきがよくなります。エナメルシンナーまたはペトロールをぬりつけてあげるとスカルピーが溶けて食いつきがよくなるようです。

原型途中 (1) 原型途中 (3) 原型途中 (4)

5.その他造形作業のポイント
①顔の製作
頭の大きさがきまったら、次に輪郭線、顔の形をきめます。
これが決まらないと、いつまでたっても顔が似てきません。
顔が似てこないときは、輪郭線が正しくつくれているか疑ってみてください。
そして、お決まりの方法ですが、顔の中心に十字線をいれます。

眼の位置をきめる。予想以上に顔の中央よりも下に位置している点に注意。
失敗の原因の一つが目の位置が、高すぎることにあります。特にアニメ顔の場合、目の位置は予想以上に下にあります。
鼻をつくりこむ。
鼻筋、口元は時間をかけて十分に作りこみます。目はこの作りこみが完了したらとりかかります。目を先に入れてしまうと全然似てないのに似ていると錯覚を起こすことはよくあります。
鼻をつくりこむ。
口を作りこむ。
目を作りこむ。
耳を作成。
の順番作成してみると歪みを見つけながら作成することができるようです。
東洋人と西洋人の骨格の違いに注意することです。
西洋人は顔が細いです。

また、頭の大きさは予想以上に小さいです。髪や帽子などがついてくると頭はどんどん大きくなります。
作り直しをできるだけ避けるためには、体がだいぶ完成してきてから、顔(頭)の大きさを割り出す方法が得策です。
余談ですが、顔をはじめに作成すると挫折することも多いです。
造形で、一番難易度が高いのがこの顔の製作。
根気と労力を使います。
実は、これがうまくできれば、他の造形もできるようになっているくらいです。
挫折することなく、フィギュア完成を目指す場合には、体を作成、そして顔(頭)を製作する順番が無難なような感じがします。
ちなみにサイズに矛盾が生じた場合は、作り直すのは顔です。
体ではありません。

今回のあたまの製作では、芯材はグレイスカルピーを使用しています。先に小さな塊をつくり表面をあらします。表面をあらすとスカルピーの食いつきは非常によくなります。
それを一度焼き固めます。
そして、そこに少しずつ、スカルピーを盛り付けてかたちをだしていくわけです。
アルミ線を芯にしてもよいのですが、芯は同じスカルピーでも十分なように思えます。
ちなみに頭程度の大きさであれば、グレイスカルピーでの造形は、ひび割れなどのトラブルは発生しませんでした。

②胸乳房の設置(女性フィギュアの場合)
体の中心線を意識して設置することです。ずれていると悲惨です。また、胸は体の輪郭が完成してから最後に作成します。体のラインが未完成のうちに乳房を設置しても、ただしいラインを作ることはできません。
なにごとも土台をしっかり完成させることが大事です。
また、乳房は予想以上に下側にあります。

③手の製作
手は造形のみせどころです。顔の次にむずかしいのがこの手です。
Mr.スカルプトクレイで製作しました。
手の甲部分、親指、指を独立パーツとして考えて、個別につくり接続して行きます。
意外にもMr.スカルプトクレイは、一度焼き上げた後に追加で盛り付けていくことが十分可能です。カッター、ヤスリなどでも削り込むこともできます。
こぶしを作る場合でも指をバラバラに作成し、その後、握らせてこぶしをつくることもできます。ただし、追加盛り付けにはエナメル溶剤は必需品です。

④足の製作
土ふまず、くるぶしをしっかり作りこみます。くるぶしは内側と外側では高さが違います。
土まずや、ひざ裏などはフチな人も多いので、この辺をしっかりつくりこむと、リアルティが増します。
この辺の作業では「人体のデッサン技法」や資料、実物をよく見ながらフル活用して作りこんで行きます。

また、この大きさでハイヒールをはいているキャラクターですので、ヒール部分は頑丈につくる必要があります。
ヒール部分には、2mmの真鍮線をしっかり埋め込んでいます。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】人体のデッサン技法改訂版 [ ジャック・ハム ]

6.オーブンによる加熱について(スカルピーの焼き固めについて)
オーブンによる加熱方法は、オーブンの種類によってことなります。
ポイントになる点は電熱線発熱部分の位置です。これが対象物近くにあると80度でもスカルピーは黒こげになります。この時、有毒ガスが発生(ダイオキシン)します。
ほとんどのスカルピーには、フタル酸エステルなる有毒物質なるものが含まれている疑いがあります。
当然のことながら食用と造形用を併用しないようにした方が無難です。
電熱線がむき出しのオーブンの場合は、120度まで一度加熱、サーモスタットにより発熱が消える、その余熱で15分ほど加熱してみる。これを三回ほど繰り返すときれに焼き上げることができます。
スカルピーは、焼けば焼くほどに硬度はまします。
しかしながら、スカルピー同士の結びつきは特に弱いようです(特にグレイスカルピー、ファンドの方がはるかに強度あり)
焼き固めたあとに原型を切り離す場合、一度加熱してから行わないと簡単に欠けなどが生じます。
ヒートガンによる焼き固めも可能ですが、オーブン以上に注意が必要です。
スカルピーを焦がすリスクが高まります。
また、アルミ・金属部分に直接スカルピーがふれていると焦げる場合があります。
ホットプレートで焼き固める方法が有効だという方がいましたが、自分は試したことはありません(温度が一定・ふたをする必要あり)

7.スカルピーの特性
スカルピーは、いろいろな種類を混ぜることができます。
マニアな人は、これにより粘土のかたさを調整するようです。
柔らかすぎるときは、新聞紙でくるんであげると油分をすいとることも可能です。
逆に時間が経過すると、油分が抜けてかたくなってくる傾向があります。
*特にファンドの上にもりつけたものは油分がすぐに抜けて、ぱさぱさになる傾向があります。これも困った現象です。
焼き固める前の状態であれば、ベビーパウダーで、手軽に表面処理をすることができます。ただし、離形効果が表れるため、この上にさらにスカルピーを盛る場合はエナメルシンナーなどを塗る必要が生じます。
離型剤としては、ベビーパウダーやワセリンを使用することができます。
また、焼き固める前の表面処理をする方法の一つに、ほんの少し水をつけてならすことでも表面をピカピカにできるようです。
スカルピーがとけすぎると思える時は無水エタノールも有効。
あるいは揮発性の良いラッカーシンナーでならします。

焼き固めた後のスカルピーは、320番、400番程度の紙やすりで磨くこと。
エポパテのように粗い目のものは使用しない方が無難です。*エポパテは180、240、320番が主流です。
特にスーパースカルピーはかけやすくもろいです。切断するときも、あたためてからが基本です。
ペーパー処理は十分に焼き固めてから行います。
焼きが不十分な状態では、ペーパーをかけることはできません。

スカルピーの注意
焼き固めた直後は、力をかけないことです。
ひじょうに柔らかくなっているため簡単に割れてしまいます。冷えるまで触らないことです。
焼き固め時にひび割れが生じたときは、まず、流し込み系瞬間接着剤で修復すること。
瞬間接着剤でファンド等を固めると収縮をある程度抑えることができます。
瞬間接着剤で目止めをします。
特に細かいヒビわれ傷は、瞬間接着剤の毛細管現象により流し込むのが一番有効な方法です。
また、瞬間接着剤で補修する場合は、わざわざ大きく傷口を広げる必要はありません。
瞬間接着剤(ウェーブか、アロンアルファ)をノズルで流し込みます。
瞬間接着剤は空気中の水分で凝固するため、密閉された袋にいれて保管する必要があります。ちなみに冷蔵庫に保管することは、まったく無意味です。
また、スカルピーは予想以上にもろいため、ある程度原型の大きさがある場合、芯材は絶対に必要になります。
ちなみに木部用セメダインエポキシパテで芯を作ることも十分に可能です。(むしろファンドよりも有効かもしれません)→フィギュア製作DVDのなかで原型師の寒河江氏が実際に行っていました。
セメダインエポキシの耐熱温度の問題はありますが、原型の中に入っているものであるためそれほど気にする必要はないようです。
試してみる価値ありです。

10分硬化型のエポキシパテセメダイン エポキシパテ木部用 30g [エポキシパテ・エポパテ]

8.ファンドを芯にしてスカルピーで原型を作成する方法は、ひび割れを起こす。
今回の製作でのもっとも大きなトラブルです。
体のおおまかなラインがグレイスカルピーで完成し、焼き固めを行った時、予想外のトラブルが発生しました。
原型に大きな亀裂が生じています。それも1ヶ所2ヶ所ではありません。
表面処理まで終えた造形物が台無しになりました。
さらに悪いことに、スカルピーで修復し、再び焼きこむとまたもやひび割れが発生。
傷口はだんだんと大きくなってきます。

① 焼き固め時のひび割れ原因について
これはあくまでも想像の域ですが、「ファンドとスカルピーの収縮率の違いによるもの?」
あるいは、ファンドとの間の空気層が問題なのかもしれません。
明確な原因は不明です。
製作物の大きさも問題であり、製作物が大きくなければ傷は生じないのかもしれません。
スカルピーは一度硬化したのちに、再び加熱すると柔らかくなります。
その後、乾燥時に収縮します。その影響で傷が生じるのかもしれません。
あるいは、スカルピーの成分であるフタル酸エステルは、ファンドに吸収されてしまいます。これが原因で悪さをするのかもしれません?
いずれにしても、適切な対処方法が必要になります。

② 対処方法
傷の修復は、細かいヒビわれ傷であれば、瞬間接着剤を流し込んで固めてしまうとその上からスカルピーを刷り込んで修復が一応可能です。
ただし、再びスカルピー補修部分を加熱すると必ずヒビわれを起こします。
これを回避するには、瞬間接着剤処理のみで修復作業をすすめて最後(加熱する必要がなくなった時)にエポパテやSSP、瞬間接着剤などで修復を行います。
結論はこれ以外に対処方法はありません。
大きめの傷修復は、意外にもパテ(ウェーブのエポキシパテ)なども有効です。
ちなみにラッカーパテは小さな傷にしか有効性はありません。
ただし、どんな素材で修復しても、再び焼き固めるとトラブルを起こすので、焼き固める必要がなくなるまでは瞬間接着剤以外は使用しないことです。
再び焼き固める必要があるのであれば、修正は流し込み系の瞬間接着剤のみで行います。
そして、これ以上のひび割れを避けるために、焼き固めが必要な個所には、ヒートガンを使用します。部分的に熱を加えることで全体のひび割れをある程度防ぐことが可能です
それでもひび割れはおこります。

極端な言い方をすれば、いくら割れても放置し、焼き固める必要がなくなった時にエポキシパテ、ラッカーパテ、SSP、瞬間接着剤を駆使して修復を行います。

*ファンドを芯材にしたグレイスカルピーの場合は、80度以下の温度程度でもひび割れを起こします。防ぐためには二度と加熱しないことである。温度を下げてあたためても結果は同じで、ひび割れを起こします。こうなると、スカルピーを盛り付けての修復は時間の無駄になります。

分割作業を行う場合も同様。瞬間接着剤中心で修復、焼き固める必要がなくなった時に他の素材(加熱の必要がない素材・スカルピー以外)で各パーツの補修を完了・完成させてしまうことです。

逆に芯材を使用せずにスカルピーのみで作成した場合どうなるのでしょうか?
頭の製作などは、芯材はなくグレイスカルピーのみで製作しました。
なんの問題もおきていませんので、この程度の大きさならば問題はないように思えます。
しかし、製作物が大きくなると、スカルピーの物理的容量が必要になります。
芯がない場合、製作物が大きすぎると、こんどは変形が考えられます。

試したわけではありませんが、フタル酸エステルを含まない、スカルピー(Mr.スカルプトクレイ)であれば、ファンドを芯にしてもひび割れは生じないかもしれません。

★10/28 13:59迄ポイント5倍・Facebook経由5000円購入でP5倍★【Joshinは平成20/22/24年度製品...

9.某原型師によるグレイスカルピーによる作成方法
それでは、比較的大きな原型をグレイスカルピーで作成する場合、どのような方法でつくればよいのだろうか?
今回、某フィギュア製作の学校でその方法についてヒアリングできたので紹介したいと思います。
某氏によるスカルピー造形(グレイスカルピーを使用)
骨ぐみにアルミパイプ外径3mm、内径2mmを使用する。分割予定のあるところは竹ひご1.8mmで接続をおこなう。
違う素材を使用すると素材の収縮率の違いによりひび割れを起こすので、発砲スチロール以外は焼き固める必要がなくなるまでは、一切使用しない。
エポパテ・ポリパテは、最終段階(焼き固める必要がなくなるまで)で使用すること。(某氏はポリパテを中心に使用)
ただし、ポリパテは種類によってはその後、はがれだす大きな欠点あり。特にボークスのものは不可。
スベスベ程度までが限界。
増量するのに効果的な素材は、発砲スチロールである。空気の逃げ道を作っておけばひび割れを起こすことはない。小さな穴をあける。発砲スチロールは、その後の切断が容易である。
この方法は、簡単にいえば、焼き固める前に分割処理をおこなってしまう方法である。
しかしながら、はじめて造形をおこなうひとが、分割しながら造形する方法でうまく、骨格を再現できるかは正直疑問。私には、この方法は、かなり造形になれた人が行う方法のように思えます。

10.次回の製作方法
今回のグレイスカルピーによる製作では、極端にひび割れをおこすため分割作業は断念しました。
原型そのものに塗装を行い、1点もので完成させることに方針を変更しています。
*頭部のみレジンでの複製作業中です。(資料頭部型とり参照)

(資料頭部型とり)
資料頭部型とり_convert_20151029193917 型とり中1

そこで次回の製作では・・・私は製作方法を次のように考えています。
骨組み アルミ線を使用
芯 セメダインエポキシパテを使用 またはファンド
骨組みの組み立てについては、今回と同様の方法で行います。
うまくいくかどうか不安はありますが、ファンドの代わりに一度「木部用セメダインエポキシパテ」を使用してみようかと思います。
そして、肉付けは、グレイスカルピーの代わりに、「Mr.スカルプトクレイ」を使用してみます。
Mr.スカルプトクレイは十分に練りこまないとそのままでは、造形がしづらい素材です。
ここで、「パール金属 ピアッティー パスタメーカー C-119」をフル活用です。
あらかじめ、これで十分に練りこんでおいたものを使用します。
スカルピー系の良い点は、粘土細工の延長で気軽に造形作業が行えることです。
盛り付けを中心の造形であるため、削りが少なく、ほこりやゴミをだしません。
いままでのスカルピーは、フタル酸エステルがふくまれる点が難点でしたが、「Mr.スカルプトクレイ」ではその問題点も解消されています。これで、気軽に素手で触れることができます。
今回の造形でも、ベレー帽や手、髪の毛などは「Mr.スカルプトクレイ」で製作しています。盛り付け主体で比較的簡単に形を作り出すことができました。
完全に完成させる前に、一度焼きこんで追加盛り付けを行うことも、スカルピーと同様にエナメル溶剤(タミヤ)を使用することで問題なくできました。
大きなものを製作して、増量させたいときは、内部に発砲スチロールを使用するのも、いいかもしれません。
発砲スチロールは分割が容易にできます。
ただし、空気を抜く逃げ道を必ず作っておく方が無難かもしれません。

一点ものなら、有効な方法の一つに、アルミホイルを芯にする手もあります。

10分硬化型のエポキシパテセメダイン エポキシパテ木部用 30g [エポキシパテ・エポパテ]

今回のブログは、
ひじょうに長く、独断と偏見に満ちたわかりづらい文書になりましたが、これは私自身のはじめてのフィギュア造形の記録もかねています。
人は忘れる生き物ですので、記録を残しておかないとすぐに忘れてしまいます。

また、はじめてフィギュア製作の学校なるものに月謝を支払い通ってみました。
良かった点は、作業の締め切りが明確になること。
毎週、作業の目標を決めて進捗させていけることです。
そして、実際の授業では指導者の方に作品をみてもらい、修正点の指摘・作業状態の添削をしてもらいます。
授業時間は2時間~3時間程度ですので、作業をすれば、あっという間に過ぎてしまう時間です。極端な言い方をすると作業は家で行い、質問や添削を授業で行うという具合で造形作業をすすめていかない限り、なかなか作品を完成させるのは難しいはずです。
また、造形で一番難しいのが大まかな形を大きな面でとらえることです。
造形になれている指導者の方は、このとらえ方がひじょうに上手です。
今思えば、学校で大まかな形のヒントをもらい、家に持ち帰り細部を仕上げていくということの繰り返しで、なんとか原型の形をとることができたように思えます。

そして、はっきりしたことは通うだけではうまくなりません。
とにかく手を動かして作ることです。
失敗したらやり直せばいいのです。

もちろん、私自身の今回の作品も良く見れば、欠点だらけです。
それでも、無からつくりだす原型製作物への愛着は時間をかけた分、ひときわ大きいものです。
まさに、この世の中でたった一つの作品になるわけです。
まだまだ、今後の課題の多いフィギュア製作ですが、私の趣味の一つに加えて行きたいと思います。

最後に、原型の完成までいかないうちに、辞めてしまう方も多いと言われるフィギュア製作。
この記録が、少しでもみなさんの参考になれば幸いです。
次回は、エポキシパテによるデビルマン・レディーの原型製作記録を紹介したいと思います。

追伸
傷の修復について
今回の製作において、悩んだのがこの傷の修復です。
直してもなおしても、数日後に、また同じ場所にひび割れが生じます。
小さなひび割れのため、ラッカーパテで傷を埋めることで修復を何度も、こころみましたが、まったく無意味です。

いくら修復しても、ひびわれが同じ個所に出る場合には、根本的にその下地に問題があります。
こんな時は、一度大きく、傷口をえぐりとり、傷を大きくしてしまいます。
そして、今回はエポパテを詰め込みました。(もちろん、修復後、加熱処理は厳禁です)

ほとんどエポパテで造形しているような状態になりますが、これが一番安心です。
一点ものの作品の場合、塗装が完了して、傷があらわれた場合には、最悪です。

エポパテで傷を大胆にうめ、表面処理。その後、小さい傷をラッカーパテで埋めていくやり方が効率的なやり方です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shouwakaijyuu.blog99.fc2.com/tb.php/108-2581a9f6

 | HOME |  ▲ page top