ガレージキット紹介等


カテゴリー


プロフィール

nimo0007

Author:nimo0007
海水魚飼育と模型・ガレージキット制作。
他にも結構多趣味な昭和テレビ世代です。
「テレビに夢中だった頃のなつかしい思い出」と「ものを作る楽しみ」を伝えたくこのブログをはじめることにしました。
ちょっと大げさですね。
最近は、怪獣キットも数少なくなってきたことから、模型制作とフィギュア原型の制作が中心になっています。
私の制作技術などはとてもプロの方には及びません。
自分で作り上げた作品の記録なども掲載していく予定です。
ちなみに「nimo」というニックネームは、海水魚飼育も趣味だからです。
海水魚飼育のブログ「ニモを飼おう!!」も書いています。
海水魚飼育に興味がある方。
暇つぶしに読んでやってください。


ボークス


Shopping1


Shopping2


Shopping3


最近の記事


月別アーカイブ


デイリー総合ランキング


スポンサードリンク


まとめ

キャミー三つ編みの製作

完成 (1) 完成 (2) 完成 (3)

キャミーの頭を見ると、シンボルである三つ編みがありません。
あまりにも形状が複雑になるため、当初製作をあきらめていた訳です。
また、スカルピーでの製作ですので、強度にも不安がありました。
でも、やっぱり不自然です。
そこで、造形作業も一段落したことから、三つ編みの製作にとりかかりたいと思います。


型 置き換え


先日、キャミーヘッドの型抜きが完了しました。
スカルピーで製作した原型をレジンキャストに置き換えたわけです。
頑丈な頭部も完成し、いよいよキャミーのシンボルでもある、三つ編み製作に挑戦です。

型抜きについては、かなり専門的な作業であり、後日、作業記録、その方法や用具について、このブログに詳しく掲載する予定です。
この型抜き、実は造形と同じくらい、奥の深い分野なんですね。

今回は三つ編みです。
このキャミーの髪の毛、ながくかなり複雑な形状をしています。
これをちまちま、作成するとなると、かなりの根気が必要そうです。

一度、アルミ線で芯をつくり、Mr.スカルプトクレイで盛り付けていくことを試しましたが、ちょっと無理。(写真参照)
形状が複雑すぎます。
ちょっと無理 (1) ちょっと無理 (2)

そこで、製作方法をがらりと変えます。
通常は、髪の毛の強度を考慮して、根性と気力でのエポパテ製作となるところです。
今回は、発想をがらりと変えて、Mr.スカルプトクレイで実際に三つ編みをあんでしまうことにしました。
12/18am9:59迄先着100円クーポン&Facebook経由5000円購入で5倍★【Joshinは平成20/22/24年度製...

Mr.スカルプトクレイ、驚いたことに焼き固めた後でも、ヒートガンで加熱すれば柔らかくなり、形状を自在に変えることができます。
そう、髪の毛の形を変えることができるのです。
【送料無料】【即納】超強力 1800W ヒートガン ホットガン ★プレステ・PS3の修理などに!熱処...

まず、初めに三つ編み用に3本の棒状の髪の毛のもとをMr.スカルプトクレイで作成します。
これでほんとうの三つ編みをあんでしまいます。
三つ編みの編み方は、ネットで検索します。

Mr.スカルプトクレイ、ちゃんと編むことができるのです。
根気はいりますが、細かいモールドも、もちろんいれることもできます。

三つ編みが編めたら、一度、やき固めます。
アルミ線の上に載せながら、ある程度の形状をつくり焼いてしまいます。

最終的な調整は、一度、焼き固めたあとに、再びヒートガンで加熱して、形状を固めていきます。加熱すると柔らかくなり、熱がさめるとすぐに固まります。

40度~50度程度は、このMr.スカルプトクレイは変形しないようですが、熱を加えると重さで変形してしまう欠点があります。
それにしても、三つ編みまで編めるなんておもしろい素材です。
三つ編み (1) 三つ編み (2) 三つ編み (3)


これである程度の形を作ってしまい、細かいところや強度が求められるところは、エポキシパテで造形してしまいます。
[新品]エポキシパテ 軽量タイプ 60g ウェーブ【小型便対応】
三つ編み (4) 三つ編み (5)
この方法が、時間をかけずに形を出すのには、いい方法かもしれません。
完成 (4)

次回は、ガレージキット製作のための準備作業について、掲載してみたいと思います。
型抜き作業を行う際には、換気等に気をつかうことも大事です。
学校等でもあまり、これらについては、細かく教えてくれないようです。
締め切った部屋での作業は厳禁です。
自分自身の健康に直接かかわることですので、実は一番大事なことだと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shouwakaijyuu.blog99.fc2.com/tb.php/111-e535ede1

 | HOME |  ▲ page top