ガレージキット紹介等


カテゴリー


プロフィール

nimo0007

Author:nimo0007
海水魚飼育と模型・ガレージキット制作。
他にも結構多趣味な昭和テレビ世代です。
「テレビに夢中だった頃のなつかしい思い出」と「ものを作る楽しみ」を伝えたくこのブログをはじめることにしました。
ちょっと大げさですね。
最近は、怪獣キットも数少なくなってきたことから、模型制作とフィギュア原型の制作が中心になっています。
私の制作技術などはとてもプロの方には及びません。
自分で作り上げた作品の記録なども掲載していく予定です。
ちなみに「nimo」というニックネームは、海水魚飼育も趣味だからです。
海水魚飼育のブログ「ニモを飼おう!!」も書いています。
海水魚飼育に興味がある方。
暇つぶしに読んでやってください。


ボークス


Shopping1


Shopping2


Shopping3


最近の記事


月別アーカイブ


デイリー総合ランキング


スポンサードリンク


まとめ

不要品処分はどこでする。

年末の大掃除、後片付け。
約2ヶ月かけて不要品の処分をやってきました。
今年最後のブログは、処分に利用した具体的なお店について
記載してみたいと思います。
ちなみに、これは私が利用した感想です。
独断と偏見もありますが、1消費者の意見として参考にしていただければと思います。
あしからず。


結論からいうと、怪獣系統のおもちゃ、雑誌では、関西寝屋川にある「キンキーズ」が一番だと思います。
電話の応対も確実にしてくれます。
仮面ライダーカード専門ということもあり、とにかく商品に詳しいです。
カードナンバーをいうだけで、どのカードかいいあててしまいます。
だから査定も正確です。
対応も早いです。
価格もがんばってもらえると思います。
今回、利用した買取業者の中ではここが、ベストでした。


びっくりしたのは、
テレビ小学館BOOK 9月号 第15巻第6号昭和48年9月25日発行
テレビ小学館BOOK 8月号 第15巻第5号昭和48年8月25日発行
テレビ小学館BOOK 7月号 第15巻第4号昭和48年7月25日発行
この3冊が、ひじょうに高値で売れたことです。
そこそこの状態で手元に残っていたこともあり、その他の怪獣本とあわせて75000円の値をつけてくれました。

ちなみに、古書Dejavu(デジャビュ)にも問い合わせましたが、汚れや痛み少しでもあると買取できないといわれました。
よほど、特殊なものでないとこの店で売るのは不可能と思われます。
商品自体が子供向けの本ですからね。通常であれば、そんなにきれいなはずありません。

次におすすめのお店は、買取コレクター。(怪獣フィギュア系)
連絡が確実にとれます。
ただし、査定価格が高いかどうかは、不明ですが・・・
質問したことには答えてくれます。
価格について、高くてオークション相場の半分から3分の1とはっきり、言ってくれたのは、この業者だけでした。

確かに、「ハードオフ」という家電製品を中心に買取る業者がありますが、買取価格の3倍程度の値段で販売している様子です。
私は、怪獣系統のおもちゃ、雑誌は、「キンキーズ」と「買取コレクター」を中心に利用しました。


「スーポジ」は広告は、はでにやってますが、ことばたくみに、なぜか出張にはおうじません。
なんだか、おとり広告みたいなことをやっています。
送付してくる、ダンボールもきたないのなんの・・・
家族のものがゴミと間違えて返品してしまいました。
結果、利用しませんでした。

今回、おもちゃ(怪獣系)、レコード、本、家電、古いカバン、衣類、こけし、はがき、切手などを処分しましたが、一番金銭に変わったのは、怪獣系おもちゃでした。
経過年数が古くても、結構な価格で売ることができます。
おそらく、私の売った価格の3倍程度なら、オークションすれば買手がつくのだと思います。

反対にほとんどゴミあっかいされるのが、古いカバン、衣類など。
これらは、古いものは、まったく値がつきません。
「ティフアナ」を利用しましたが、ここの査定の低さにはちょっと驚きです。(ものにもよるのでしょうが、
無料引き取りと割り切る方がいいですよ)

4万ちかくしたカバンも、ただ。
1年前に購入して未使用の無印のポーチも10円といわれました。
理由は、日焼けしてるからだそうです。(一度も使用していないのに日焼け?よくわからないコメントです)
なんだかとても、ここでは高価な貴金属をうる気にはなりませんでした。
この店は不要品引き取りと割り切ることにしました。

また、ハガキや切手の方が、古い衣類・カバンよりも、むしろ高く売れます。書き損じはがきも37円で購入してくれるところもありました。(近所のお店です)
郵便局にきいたところ、印紙は印紙、切手は切手に交換することが可能です。
この店では、直接現金に交換してくれるわけです。

レコードもダメです。昔の歌謡曲系統は値がつきません。
「エコストアレコード」を利用しましたが、70枚近くで、品物の程度もまずまずでしたが、全部で1500円程度でした。
「スノーレコード」も利用しましたが、レコードが古すぎたのか?ここも1000円程度。
2回目は無料ひきとりと言われました。(送料の分だけお得という程度です)
ほとんど、価値なしと判断されるようです。

古い書籍は「たいむましん」を利用。
ここも、着払い無料引き取りがやっとでした。

こけしもダメです。
おみあげ品レベルものは、ただ同然。引き取ってもらうには、送料がかかります。
「株式会社水無月」を利用。郵送費に1500円程度必要でした。

人形やぬいぐるみ、こけしは捨てるのには、気がひけます。
「株式会社水無月」「セカンドライフ」を利用して引き取ってもらいました。
送料は約1500円~2000円です。


このように不要品は、ゴミとして捨てるだけでなく、一手間かけると金銭にかわることもあるようです。
特に、「昔の怪獣おもちゃ」結構な金額に化けることもあります。

最後に、粗大ゴミは、手間はかかりますが、行政の引き取りを利用するのが無難です。
ボッタクリや無用なトラブルを避けることができます。

それではみなさん、よいお年を!!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shouwakaijyuu.blog99.fc2.com/tb.php/139-f0864d71

 | HOME |  ▲ page top