FC2ブログ

ガレージキット紹介等


カテゴリー


プロフィール

nimo0007

Author:nimo0007
海水魚飼育と模型・ガレージキット制作。
他にも結構多趣味な昭和テレビ世代です。
「テレビに夢中だった頃のなつかしい思い出」と「ものを作る楽しみ」を伝えたくこのブログをはじめることにしました。
ちょっと大げさですね。
最近は、怪獣キットも数少なくなってきたことから、模型制作とフィギュア原型の制作が中心になっています。
私の制作技術などはとてもプロの方には及びません。
自分で作り上げた作品の記録なども掲載していく予定です。
ちなみに「nimo」というニックネームは、海水魚飼育も趣味だからです。
海水魚飼育のブログ「ニモを飼おう!!」も書いています。
海水魚飼育に興味がある方。
暇つぶしに読んでやってください。


ボークス


Shopping1


Shopping2


Shopping3


最近の記事


月別アーカイブ


デイリー総合ランキング


スポンサードリンク


まとめ

趣味の部屋(工作室)をつくろう⑮

DSC_2428.jpg DSC_2427.jpg DSC_2426.jpg
本日、工作室の最大の欠点を改善しました。
換気扇の隙間風の改善です。



いうほど大げさなものではありません。
改善費用は108円。100円均一で保温アルミシートを1つ買っただけです。
でも、これが効果絶大でした。
【メール便対応】【大判】アルミブランケット【在庫あり】【冬の登山やスキーにも一枚!】【検索用 アルミシート 防災 防寒 防熱 メール便対応 レスキューシート エマージャンシーシート エマージェンシーブランケット 保温アルミシート】

しかしです。
ほんとうに寒いです。この数日の寒さもあるでしょうけど、床断熱、壁断熱など施した割には、効果がほとんどみられません。
ペアガラスまで入れてるのにどうしてでしょうか。

あれ、換気扇から隙間風が・・・
そう、換気扇が大きな原因です。
20センチ換気扇2機。まずこの25センチ角の穴二つが隙間風を強烈に呼び込みます。
外部にシャッターがあるものの、隙間はかなりあります。
FY-20EF5 パナソニック Panasonic 一般用換気扇 スタンダードタイプ 店舗・事務所用 遠隔操作式 排気・電気式シャッター
それから150口径のダクト換気扇。
こちらも、本来天井付きにするしろもの。
それを横向きにおいているので、まったくシャッターが機能しません。
こちらは、プロペラ式のものとは違い、風力式のシャッターですから、もともとシャッターなど、それほど期待できるものではありません。
いずれにしても、こんなに寒くなるとは想像もしませんでした。

なんとかできないものでしょうか?
これでは、せっかくの工作室が寒くて仕方ありませんし、暖房効率が悪すぎです。

早急に対策を考える必要があります。
偶然ですが、たまたま、今月号のホビージャパンでプロモデラーの塗装ブースを特集していました。
なんと、室内側に扉を設けて、使用しないときは換気栓を扉でふさぐようにしている方がいるではないですか。しかも電動式。すごい。

そこで、考えます。そうです、使用しないときはこの人みたいにフタをしておけばいいのです。
別に電動でなくても、使うときに手動で外せばいいのです。

換気扇3つにそれぞれフタをつけることにします。
早速、作業に入ります。
なんと作業は、1時間半ほどで、一応完成です。
完成したものが写真のものです。

芯はダンボール。ダンボールは保温効果抜群。
浮浪者の方も使っています。実際、棟内モデルでの販売でもダンボールよく利用しました。
冬の寒いときは、バカにできないくらい保温効果があります。
これに、保温アルミシートをアルミテープで貼り付けていきます。
古藤工業 アルミテープ 50mm×50m

枠の内側には、写真のようにスキマテープを貼り付けます。
DSC_2433.jpg

テープ ニトムズ 隙間 DIY 徳用スキマテープ 厚10mmX幅15mmX長4m (2mX2巻)E0220
保温アルミシートを除けば、リフォームで使用した残りの材料での改善策。
費用は108円だけでした。
DSC_2431.jpg DSC_2429.jpg

これが、驚くことに、かなり効果あり。断然部屋が暖かくなりましたよ。
ビックリです。ガス暖房の効きが全然違います。暖かいです。
DSC_2432.jpg

暖かい熱は、寒い方へ移動するといいます。だから、穴の開いた部屋でいくら暖房してもほとんどききません。これは、部屋として致命傷になります。
それでも、これらの換気扇はこの部屋のメイン機能。壁にわざわざ穴まで開けて取り付けたものです。なんとか、塗装ブースとしての機能を残しながら、普段は暖房効果もあるように工夫したいものです。
今回の方法で、プロペラ式換気扇2機は、ほとんど完全に隙間風を封じることができたようです。
これだけで、かなり暖房効果に差がでます。
しかしながら、ダクト換気扇(塗装ブース)の方は、まだ改善の余地がありそうです。
現状では、いくらかまし程度。
いまだに隙間風は、感じます。正直なところ、150口径は大きすぎたようです。
ダンボール板を芯にしたものに、保温アルミシートをアルミテープで貼り付けたものをブース入り口に置いただけです。間に隙間テープを貼りましたが、これはほとんど効果なし。

ダクト換気扇金属カバー部分にマジックテープで保温アルミシートを直に固定するくらいしないと隙間風をふせぐことはできないかもしれません。
明日にでも、早々に試してみたいと思います。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shouwakaijyuu.blog99.fc2.com/tb.php/170-a394f48b

 | HOME |  ▲ page top