FC2ブログ

ガレージキット紹介等


カテゴリー


プロフィール

nimo0007

Author:nimo0007
海水魚飼育と模型・ガレージキット制作。
他にも結構多趣味な昭和テレビ世代です。
「テレビに夢中だった頃のなつかしい思い出」と「ものを作る楽しみ」を伝えたくこのブログをはじめることにしました。
ちょっと大げさですね。
最近は、怪獣キットも数少なくなってきたことから、模型制作とフィギュア原型の制作が中心になっています。
私の制作技術などはとてもプロの方には及びません。
自分で作り上げた作品の記録なども掲載していく予定です。
ちなみに「nimo」というニックネームは、海水魚飼育も趣味だからです。
海水魚飼育のブログ「ニモを飼おう!!」も書いています。
海水魚飼育に興味がある方。
暇つぶしに読んでやってください。


ボークス


Shopping1


Shopping2


Shopping3


最近の記事


月別アーカイブ


デイリー総合ランキング


スポンサードリンク


まとめ

お祭り(氷川神社大例祭)2018年9月16日

DSC_2805.jpg DSC_2814.jpg DSC_2818.jpg
今回は、話題を変えてお祭り(御神輿)です。
私の住んでいる地域では、9月が祭りのシーズンです。
9月といえば、お祭りです。



DSC_2819.jpg DSC_2820.jpg DSC_2823.jpg
特に盛大に行われるのが、氷川神社のお祭り。
大神輿が毎年担がれます。
この御神輿は、子供頃から、見てきた御神輿で、製作されたのは、87年以上も前のこと。
戦前では、大きさは都内でも、5番、6番目くらい目だったそうです。
戦争中に、大型のほとんど御神輿が焼けてしまい、そのなかで、焼けずに残った数少ない御神輿だときいています。
戦前から残る、これ以上に大きな御神輿は、ほとんど焼けてしまい、都内でも戦前から残る古い大神輿は、氷川神社のこの御神輿くらいだそうです。

DSC_2901.jpg DSC_2924.jpg DSC_2927.jpg
戦後は、食べ物がなかったため、この御神輿をしっかり担ぐことすらできなったとか?
いまでは、女性だけでも、しっかり担いでいます。

私の好きなのは、この御神輿のデザイン。
この雰囲気が何よりすきです。
なんともいええない、品があります。
美しい優雅な造形をしています。
以前、プラモデルでも製作したことがあるくらい、この御神輿の造形が気に入っています。
以下は、そのときのプラモ製作記事です。
http://shouwakaijyuu.blog99.fc2.com/blog-entry-130.html
ウッディジョー リアル木製模型 江戸神輿 神輿 御神輿 日本製 模型 木製 1/5サイズ 5分の1サイズ 木製模型 模型 木製 木製 模型 キット 木製模型キット 日本製 みこし 自由研究 工作 知育玩具 コレクション ジオラマ
1/5 江戸神輿 黒塗紫房 プラモデル(再販)[童友社]《取り寄せ※暫定》

ところで、ほんとうに、久しぶりに、なりますが、今回、youtube動画をアップしてみました。
アップしたのは、2018年9月16日(日)氷川神社例大祭大神輿が担がれている様子です。




DSC_2987.jpg DSC_2815.jpg
この地域の御神輿は、城南担ぎといわれます。
太鼓と笛の音に合わせて御神輿が、担がれるとういう特徴があり、これが独特の調子を醸しだし、担ぎ手、見ている人達を、楽しませてくれます。
「音・リズム」
私は、お祭りには、この太鼓や笛の音は、とても大事な要素のように思えます。
不思議なことに、この太鼓・笛がないと、華やかさがなくなってしまいます。
子供頃、迫力を感じたり、わくわくする感じになったのも、この音色が大きな影響をしていたように思えます。
他のお祭りでは、笛・太鼓を使用しないで、かけ声だけで、担がれる御神輿が多いようです。
この城南担ぎは、子供の頃から慣れ親しんだ、魅力ある御神輿の担ぎ方の一つです。
なんだか、みているだけで元気がでてくる大神輿です。

それから、この大神輿。
今年、はじめて、朝の7時から、氷川神社をでるところからみていたのですが、山手通りの車の通行を止めてまで巡業は行われます。
これにはビックリ。
主要な幹線道路まで止めてまで行われる、大神輿巡業は、迫力があります。
やっぱり、御神輿が、大きい方が豪快です。
RIMG0041.jpg RIMG0012_201809292125241c0.jpgRIMG0018.jpg
RIMG0032.jpgRIMG0033.jpg RIMG0040.jpg

うえの写真は、小山台・荏原・後地の御神輿のものです。
氷川神社よりも、1週間早く行われるお祭りで、2018年9月9日(日)、3騎が集まっている様子です。
今回、3騎が集まるところを、初めてみることができました。
小ぶりの御神輿でも、数があつまると、それなりの活気がでできます。
最近は、いくつかの御神輿を集めてお祭りを実施することも、増えてきているようです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shouwakaijyuu.blog99.fc2.com/tb.php/193-0249545e

 | HOME |  ▲ page top