FC2ブログ

ガレージキット紹介等


カテゴリー


プロフィール

nimo0007

Author:nimo0007
海水魚飼育と模型・ガレージキット制作。
他にも結構多趣味な昭和テレビ世代です。
「テレビに夢中だった頃のなつかしい思い出」と「ものを作る楽しみ」を伝えたくこのブログをはじめることにしました。
ちょっと大げさですね。
最近は、怪獣キットも数少なくなってきたことから、模型制作とフィギュア原型の制作が中心になっています。
私の制作技術などはとてもプロの方には及びません。
自分で作り上げた作品の記録なども掲載していく予定です。
ちなみに「nimo」というニックネームは、海水魚飼育も趣味だからです。
海水魚飼育のブログ「ニモを飼おう!!」も書いています。
海水魚飼育に興味がある方。
暇つぶしに読んでやってください。


ボークス


Shopping1


Shopping2


Shopping3


最近の記事


月別アーカイブ


デイリー総合ランキング


スポンサードリンク


まとめ

アオシマ 1/24 パガーニ ウアイラ製作④

完成 エポキシ接着 (2) 完成 エポキシ接着 (3) 完成 エポキシ接着 (4)
パガーニ ウアイラ完成です。
写真が完成したウアイラ。
当初の予定通り、ドアはオープンの状態で製作しました。
リア、フロント部分は、接着せずにはめ込んでいるだけです。

1/24 スーパーカー No.22 パガー二 ウアイラ プラモデル(再販)[アオシマ]《発売済・在庫品》






完成 エポキシ接着 (5) 完成 エポキシ接着 (6) 完成 エポキシ接着 (7)
1.台座の製作
今回の製作では、ボディの塗装が後回しになることから、ボディの乾燥時間の関係で時間がかかります。
ガイアのクリアー塗料の場合は4回行い、最後は1週間ほど乾かすことができるのが理想のようです。
十分に乾かさないと、その後、パテと同様にヒケをおこし、きれいなツヤを出すことができなくなるとききます。
そこで、乾燥させる間に台座を製作していくことにします。
100円ショップダイソーで販売されている300円ケースを使います。
このケースは、一般に販売されている模型用ケースに比べて安価です。
通常、模型用のアクリルケースなら最低1000円以上はすると思います。
下手すると模型本体よりもケースの方が高いということもあるくらいです。
また、ケースに入れておくのとそうでないのとでは、模型の汚れ方がまったくことなります。
そのまま、展示しておけばたちまち埃だらけ、破損の可能性も高くなります。
ケース下穴はドリルで3mm、ボディ側は2.5mmで穴を開けます。
ボディ側は当初ドリル歯2.8mmを使っていましたが、下手をするとネジが効かなくなる場合がありました。0.2mmしか余裕がありません。

また、開ける位置は、模型によって 内装部分に突き抜けないように調整する必要があります。
ドリル歯は入れ替え式のものより、一体化されているものの方が使いやすいです。
入れ替え式の模型用ものでは、刃先が空回りしてしまうことが多いです。
クレオスのものGツール Mr.ピンバイス5本セット ドリル刃固定タイプ[GSIクレオス]がお勧めです。
模型製作程度ならこれで十分です。
刃先も1mm、1.5mm、2mm、2.5mm、3mmとそろっているので便利です。
Gツール Mr.ピンバイス5本セット ドリル刃固定タイプ[GSIクレオス]《発売済・在庫品》

今回、ビスは、タッピングトラス ステンレス(なべタッピング)3×12を使っています。
ダイドーハント HP ステン タッピング トラス シルバー 3×12 (10183886) 約14本入
模型の車高によって、長さは8mm、10mm、12mm、16mmと用意しておくと便利です。
このケースにリメイクシートなどを貼り付ければ、そこそこ見栄えもよくなります。
リメイクシートは100円均一のものでもOKです。
空気が入らないように、貼り付け、カッターの歯を新しくして、歯をねかせるように使いケースの形に切り抜いていきます。
ネームプレートなども、プラモの箱絵から作ると楽しむことができます。
この台座まで製作して、カーモデルは完成です。
この台座製作方法は、カーモデラー「なべさん」のまねです。
ケース

2.カーボンの表現
タミヤアクリル塗料での表現 ブラック+メタリックグレイ(少々)→クリアー(タミヤ)吹きつけ
ラッカー系での表現
ブラック+シルバー→クリアーブラック(ガイア)
今回、この2通りでやってみました。
カーボン部分まで、研ぎ出しを行うならラッカーで仕上げておいた方が無難です。
タミヤアクリル塗料は塗膜が弱いので、マスキング時に不安があります。
また、すぐに塗膜がはがれてしまいます。

3.やっぱり、すごい車です。
改めてバガーニについて調べてみます。
なんだか、美術品のような車です。
http://www.youtube.com/watch?time_continue=338&v=ga7_w4Ib2MM

4.いよいよ研ぎ出し作業です。
ボディを5日ほど乾燥させ、いよいよ研ぎ出しの作業へと進みます。
ボディを乾燥させてる間に、その他の作業を完了させてしまうのが効率的です。

クリアー(ガイア)を4回。12時間程度の間隔を空けて吹きつけています。
その後、1週間ほど期間をさらに空け研ぎ出し作業にかかります。
ラプロス6000番による水研ぎ。
水に濡らしたラプロスで、一度表面を曇ったようにしてしまいます。
ゆず肌になった塗装面を一度、つぶして平らにしてあげる訳です。
GSIクレオス GT62 Mr.ラプロス #6000 #8000 細密研磨下処理用耐久水クロス(V0075)
続いてコンパウンド磨きです。
今回はタミヤのコンパウンド使用しました。
粗め→細め→仕上げ目の順番にコンパウンドをかけていきます。
最後にハセガワのセラミックコンパウンドを使います。
タミヤ コンパウンド 粗目 細目 仕上げ目 [3点セット] タミヤ模型
トライツール セラミックコンパウンド[ハセガワ]《発売済・在庫品》
いつもなら、クロスで磨き上げるところですが・・・
今度のカーモデル、磨くパーツは少ないですが、表面の形状が複雑です。
ここで、タミヤのツールを使うことにします。
コンパウンド用 スポンジ メイクアップ材シリーズ [No.87192] タミヤ模型
これを2組購入し、それぞれ、粗め、細め、仕上げ目、セラミックコンパウンド専用にします。
写真のように、片方にマジックで印をつけておくようにします。
このスポンジなら、細かい箇所でも楽に磨き上げることができます。
スポンジ

研ぎ出し
5.接着剤について
塗装した面同士の接着を通常の模型用流し込み接着剤だけで接着するのは不十分?
流し込み接着剤は、上手に使えば、模型製作効率も上がりますし、下手な接着剤を使うより接着面もきれいです。
ただし、いまさらですが、一般的に言われているとおり、塗装面同士の接着を流し込み接着剤で接着するのは、リスクありです。
着くにはつきますが、ポロッととれる可能性大です。
「青22号さん」のいうとりでした。
特に強度が必要な箇所では、接着剤を適宜、変える必要があります。
今回、使用した接着剤です。

①ハイグレード模型用セメダイン
液状です。すぐに接着するわけではありませんが、はみ出した場合でも白化しませんし、割と簡単に拭き取ることもできました。
完全接着するまで、時間を十分にとることが必要です。
塗料を犯すこともありません。
クリアーパーツ接着向きかもしれません。
今回は、これでエッチングパーツも接着しています。
ハイグレード 模型用セメダイン P17ml【CA-089】 セメダイン

②デコプリンセス
あまり大きなパーツ接着向きではないような感じです。
白化、塗料を犯すことはありませんが、強度に不安があります。
隙間が大きいパーツは、セメダインよりもこちらが、いいような感じです。
ただし、接着力はボンドGクリアよりも、かなり劣ります。
接着するまでの時間は、ボンドGクリアよりも必要です。
【接着剤】 ボンド デコプリンセス ラインストーン用 1個 ☆ネコポスOK☆【デコ/デコパーツ/ボンド】
いずれにしても、拭き取りするなら、塗料は塗膜の丈夫なラッカー系が無難です。
タミヤのアクリルでは、塗膜がはがれ易いです。

③100円均一の瞬間接着剤 (ただし、セメダイン3000シリーズ限定)
接着では、汚れていいところ。見えないところ限定に使います。
しっかり、接着したいならこれです。
硬化促進剤は、急ぐ場合でなければ、できるだけ使用しない方がいいです。
白化も少なくなります。

上記の接着剤①②の補強として、部分的に使うのもありです。
また、ティッシュを小さく切って、補強したい箇所におき、液状の瞬間接着剤をしみこませてやれば、強力な補強になります。今回、これを試してみましたが、ガッチリ接着できました。

瞬間接着剤は、 削り込むのは、結構大変ですが、パテとしても使えます。
変なパテ使うよりも安心です。劣化しませんし、ヒケもありません。

④ボンドGクリア
ボンドGクリア 接着 瞬間接着剤 コニシ
今回、はじめて使いました。
糸をひくという大きな欠点をのぞけば、しっかり着きますし、完全に乾くまでであれば、拭き取りも可能。
ただし、こいつは使うのにコツがあります。
とにかくものすごく、糸をひく。このため細心の注意が必要です。
爪楊枝にからみつけパーツに慎重につけていきます。
多量では、なく少量。
いきなりチューブからなんて絶対にこんな使い方はダメです。
台紙に出して、爪楊枝にからみとり使用します。
はみ出た部分は、これまた爪楊枝で一方向に欠き取っていくように除去します。
一方向というのがコツです。
接着までの時間も、短いですし、しっかりと着きます。
たまたま、これを使用している方の動画を発見。
まねをしてみたら、うまく使うことができました。

⑤エポキシ接着剤 エクセルエポ
セメダイン エクセルエポ
乾けば完璧に着きます。
強度が必要な箇所に使います。
ただし、乾くまでは、接着力はまるでなし。
そのため、作業には、先に、ことなる接着剤(すぐに接着するもの)で仮固定しておくと便利です。
このタイプは、透明度も高く、混合後10分で硬化がはじまります。
それまでは、まったく接着力がありません。
乾くまでは、流動性もある程度あります。無理をすれば、流し込みのように使うこともできます。
エポキシ接着剤 エクセルエポは、ドアを空けたまま固定するのに、使用しました。
エポキシ系は、塗料をおかしません。
強度を求めるならこれです。ただし、独特のニオイがあるので作業中は、喚起する方がよいです。
また、パテのように使うこともできます。
ボディの隙間埋めに使うプロモデラーの方もいるようです。
ドア エポキシ接着 (1)

本日、アオシマ 1/24 パガーニ ウアイラ、なんとか完成です。
以下の写真は仮組時のものです。
やっぱり、このキット隙間ができますね。
仮組 (5)仮組 (4)仮組 (3)

仮組 (2)仮組 (1)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shouwakaijyuu.blog99.fc2.com/tb.php/199-86d73641

 | HOME |  ▲ page top