FC2ブログ

ガレージキット紹介等


カテゴリー


プロフィール

nimo0007

Author:nimo0007
海水魚飼育と模型・ガレージキット制作。
他にも結構多趣味な昭和テレビ世代です。
「テレビに夢中だった頃のなつかしい思い出」と「ものを作る楽しみ」を伝えたくこのブログをはじめることにしました。
ちょっと大げさですね。
最近は、怪獣キットも数少なくなってきたことから、模型制作とフィギュア原型の制作が中心になっています。
私の制作技術などはとてもプロの方には及びません。
自分で作り上げた作品の記録なども掲載していく予定です。
ちなみに「nimo」というニックネームは、海水魚飼育も趣味だからです。
海水魚飼育のブログ「ニモを飼おう!!」も書いています。
海水魚飼育に興味がある方。
暇つぶしに読んでやってください。


ボークス


Shopping1


Shopping2


Shopping3


最近の記事


月別アーカイブ


デイリー総合ランキング


スポンサードリンク


まとめ

アオシマ アヴェンタドール SV 製作①

01_201811170205034cc.jpg 02_20181117020504a96.jpg 03_20181117020505bd1.jpg
本日から アオシマ アヴェンタドール SV製作開始です。
今回のテーマは、キャンディ塗装。
名古屋のカーモデラー「なべさん」の模型の師匠といわれる黒釜氏のやり方でチャレンジしてみます。
アオシマ 1/24 スーパーカー No.24 ランボルギーニ アヴェンタドール LP750-4 SV プラモデル ※金型大幅追加(ZS17491)




04_20181117020506668.jpg 05_20181117020508bc3.jpg DSC_3194.jpg
世の中には、プロでもないのになんでも上手にこなす人がいるものです。
模型の世界は、投資情報などとは違い純粋に趣味として楽しむことができます。
そのため、イイ情報がネット内にはたくさん存在します。

ちなみに、話が少し、それますが、紹介した人から、お金を取ろうとする投資関連情報は最悪です。
極論すれば、99%詐欺です。
だって、そんなに儲かるなら、人からお金をとろうとなんてしませんよね。
模型関係では、利害がからむことは少ないと思いますが、特に投資系はお金そのもの、悪質極まりないです。
まず、99%詐欺です。こんな情報は無視するのが得策です。
むしろ害になるだけです。こんなもの読むだけ時間の無駄です。
投資自体がお金を儲ける行為ですよ。
自分でやればいいのです。
ほんとうに儲けられるなら、無償で教えます。
人からお金を取るようなまねをするわけがありません。
お金を取ろうとする投資情報は99%詐欺ですよ。

情報は、利害関係のない一般の人が試してみて、よかったというものがベストです。
そのような記事を紹介してくれるブログや動画が一番いいと思います。
問題は、情報の数が多すぎて、自分に合うものを探すのがたいへんなことです。
そこでインデックのようなものがあると便利です。
ブログなどにまとめておけば、自分自身の製作メモみたいな使い方もできます。
また、優良な記事、動画などをブログにリンクさせておけば、デジタル版製作メモになるわけです。
次回のための改善や製作時間の短縮にもなります。
時間は有効に使いたいものです。
このブログは、そんなブログにしたいと思っています。

キャンディ塗装とは・・
下地をシルバー系塗料などで塗装して、その上からクリアー系塗料を上塗りする方法です。
つまり、下の色を透過させる透過技法の一つのようです。。
仕上げが、キャンディ(飴)のようになるから、キャンディ塗装とよばれているようです。
ラフシルバー (1) ラフシルバー (2) ラフシルバー (3)
以前にも紹介した、黒釜氏ですが、この人はすごい。
塗装が上手です。
しかも、説明がわかりやすく、論理的です。
なぜ、そうするのかを教えてくれます。
どうしてそうするのか?
何かするには、理由があるわけです。
こういう動画をみると早速試してみたくなります。
「なべさん」動画にある黒釜氏動画は以下のとおりです。
私には、ひじょうに、ためになりました。
やっぱり、ほんとうに模型好きな人のノウハウはすごいですね。
こうしておけば、いつでも参考にすることができます。

 黒釜氏動画集 「なべさん」動画引用



















実験台には、「アオシマ アヴェンタドール SV」を使います。
このキットも、1年以上前に購入したものです。
1.キットと製作について
アオアシマのキットは合いが悪いです。
バガーニのときもそうでした。
プラモとは、こういうものと割り切ります。
ただし、隙間はもう許せないので、今回はすべて(ドア・リア)などをはじめに接着してしまいます。
ボディ色となるもので、接着できそうなものはすべて、取り付けてしまいます。

くりぬき (1)

どうも、カーモデル製作のコツは、このはじめにできるだけ接着してしまうことにあるようです。
隙間はパテを使いうめてしまいます。
パテは、イージーサンディング。瞬間接着剤系を使います。
以前紹介したグリーンパテでは、まったく不十分です。
しっかり、つけたいならイージーサンディングの方が確実です。
タミヤ瞬間接着剤(イージーサンディング)[タミヤ]《発売済・在庫品》
イージーサンディングは、普通の瞬間接着剤よりはやや柔らかいという感じ。
プラスチックと同等という感じです。
でも、言われているほど、簡単には削れません。
そこで400番・320番くらいのペーパで削り込んでしまいます。
あまりパーツにキズをつけたくないなら、600番くらいが理想ですが、これではなかなか削れません。
キズはかなりつきますが、今回は400番→800番→1000番→2000番とペーパーをボディにかけていく予定ですので、よしとします。
それでも、そもそも接着剤なので、みごとにしっかりと食いつきます。
さらに、もともと接着する部品ではないので、裏打ちします。
裏打ちは、小さく切ったティシュ2枚重ねでもよいのですが、今回はマスキングテープを使います。
裏打ち

これに液状の瞬間接着剤をしみこませて、部品をしっかり固定します。
これで研ぎ出し時にも部品がとれることはないと思われます。

次に側面のウィンカー部分。研ぎ出し時の邪魔にもなります。
これをすべてそぎ落とし、この部分をくりぬいてしまいます。
くりぬき (2)

側面ウィンカーは、いつものUVジェルクリアを流し込む予定です。
薄いプラバンを裏側に接着して、オレンジを塗りUVジェルクリアを流し込みます。
ここで、超音波カッターを使いますが、これは失敗。
プラが溶けてしまいます。
長い時間、1カ所に刃をあてるような作業には不向き。
1ミリ程度のピンバイスで穴をあけて、金属ヤスリで削るという作業がベストな感じでした。 
G-material シリーズ M-05 UVジェルグルー 《接着剤》
スジボリをいれる。
スジボリには、シモムラアレックのホーリーを使いました。
シモムラアレック 職人堅気 本格スジ彫り専用ツール ホーリー HOLLY 0.2
けがき針で、道筋をつけてからこれを使うと、うまくできます。

2.黒釜氏の塗装方法(メモ)
乱筆ながら簡単にまとめてみました。
現在、このとおりに塗装しています。
キャンディ塗装(黒釜氏手順)2018/11/07

1.下地作り
400番→800番→1000番→2000番
パーティングライン、ヒケなどをとり、大きいものはパテ埋めする。
パテは、イージーサンディングなどが有効。
はじめのうちは、このパーティングライン、ヒケなどがどこにあるかわからない。
だから、ブラックサーフェイサーなどを吹きつけて、誰にでもわかるようにするのです。
それでも、なれてくると、パーティングライン、ヒケがどのあたりにあるか、だんだんとわかるようになるようです。(3台ほど組み立てると、だんだん、わかってきます)
やがて、サフなしでも、わかるようになります。
なれないうちは、一度サフをすべてはがすようにしてやると、面がきれいになります。
この場合、はじめのこのサフ1回は捨て吹きになります。
結局、うまくなるには数をこなす。
これしかないようです。

2.下地塗り
サーフェイサーを吹く。
どうも2通りの考え方があるようです。
1つは、塗料の食いつきをよくするために、サーフェイサーを吹く。
銀塗料は、定着が悪く流れやすい。このため、サーフェイサーのうえにそのまま塗料をふいていく。サーフェイサーは足付けとして使う。
もう一つは、塗料の輝き光沢を優先し、サフ吹き後、2000番程度で磨いて(ドライ磨き)から銀を吹いていくやり方。
つや消し面にシルバーを吹くとグレーぽくなることが多いため、足付け効果よりも、ツヤを優先するやり方。
黒釜氏は、この段階では、あしづけ効果を優先している。
塗料がたれることを、一番懸念しています。
3. 208GXラフシルバーを吹いていく
GSIクレオス Mr.メタリックカラー GX208 GXラフシルバー
薄め液はT-09番、メタリックマスターを使用する。この液体はシルバーの定着をよくしてくれます。塗料をダレにくくしてくれる溶剤です。
1:1の希釈。ただし、208GXラフシルバーは、かなりどろどろした塗料のため、1塗料:2溶剤の感覚にちかい感じに希釈します。
3分から5分待ってから吹きつける。(粒子が定着しやすくなる)
ガイアカラー T-09s メタリックマスター(中) 250ml【新品】 ガイアノーツ プラモデル用塗料 クリスマス プレゼント【宅配便のみ】
塗装方法
必ず捨て吹きを行う。全体に軽くまんべんなく塗料を振りかける。
これも足付け効果を期待。
208GXラフシルバーを線を重ねるように塗っていく。
エアーブラシの塗装の基本は、線をかさねるようにが基本です。・・
でも、この塗料、銀粉がすごいので、振りかけるように吹いていってもよいと思います。
手袋、マスクは必須です。
手や周辺がキラキラになってしまいます。
208GXラフシルバーあまり厚くかけないことです。
乾燥機で15分ほど乾燥させる。
4.クリアーパープル(今回はディープクリアレッド使用しています)をかける
GSIクレオス Mr.クリアカラーGX GX102 GXディープクリアレッド
レベリング薄め液を使用 1:1、必ず捨て吹きを行う(全体にまんべんなくうすく塗料を振りかける)
太い線を重ねるように吹いていく。(塗装の基本)
色を濃くしたい時は、うすく重ねていく。重ねる回数を増やすことでコントロールする。
必ず、ゆず肌になります。
多かれ少なかれ、ゆず肌現象はおこります。
そこでぼかし剤をつくります。
これ板金屋さんの塗装方法です。
現在の塗料をレベリング薄め液でかなり薄めたものをつくり、それを全体に吹きつける。
ツヤが出てくる感じになったらヤメル。
溶剤はレベリング薄め液を使用します。(この液体は硬化を遅らせます)
乾燥させる。(最低1日程度 溶剤は24時間で全体の80%が乾燥するといわれています)
5.ゴミとり
ゴミの付着した箇所、ゆず肌部分にペーパー2000番をドライでかけていく。
くもったつや消し表面になります。
指を乗せる感じ、乗せてこするだけです。(キズをあまりつけないためには、一方向にかける)
不思議なことに、クリアーをかけると、この曇りがみごとに消えてしまいます。
ほこり・ゴミはここで、取り除いてしまいましょう。

6.クリアーかけ
なんと缶スプレーでもできます。
クレオススーパークリアー光沢使用。
ポイント
捨て吹きをすること。
つや消しにします。捨て吹きは最低1~2分乾燥させます。(トイレ休憩)
一定の距離を守ること。約15センチ程度の距離をつねにとります。
一方向に動かす。動かしながら吹きつけること。止めたまま吹かない。
 
*エアーブラシクリアーかけの場合は、2回から4回クリアを吹きます。
 2回(0.3溶剤:07クリアー)、4回(1溶剤:1クリアー)
黒釜氏はクリアー濃度を溶剤で調整することで、クリアーの回数を調整しています。

クレオス B513 Mr.スーパークリアー 光沢 170ml【RCP】
ガイアノーツ ガイアカラー Ex-03 Ex-クリアー
7.研ぎ出し

こんな感じです。
もちろん、模型製作は、人によってやり方がことなります。
何でもそうですが、とりあえず教えてもらったなら、そのとおりやってみる。
学生の頃、やっていた「少林寺拳法」もそうでした。
人によって、やり方が違うのです。
でも、教えている人は、一番よいと思うことを教えているはずです。
まずは、そのとおり試してみる。
物事には、「守→破→離」の手順が大事な気がします。
また、研ぎ出しもひとによってやり方が、ことなるようです。
研ぎ出しは、ラプロス6000番水研ぎ(4000番相当)→ラプロス8000番水研ぎ→コンパウンド(粗め・細め・仕上げ目)→セラミックコンパウンド
この手順でやってみることにします。

今回、かなり奇抜な色になってしまったようですが、コックピットも含めて、失敗覚悟で奇抜な色をためしてみたいと思います。
コックピットは、ナチュラルブラウン(ガイア)のうえにクリアーイエローを重ねてみました。なんだか、ボディ色と合わない感じです。大丈夫かな?
内装

ガイアカラー 014 ナチュラルブラウン【33014】 ガイアノーツ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shouwakaijyuu.blog99.fc2.com/tb.php/200-5cf550b3

 | HOME |  ▲ page top