FC2ブログ

ガレージキット紹介等


カテゴリー


プロフィール

nimo0007

Author:nimo0007
海水魚飼育と模型・ガレージキット制作。
他にも結構多趣味な昭和テレビ世代です。
「テレビに夢中だった頃のなつかしい思い出」と「ものを作る楽しみ」を伝えたくこのブログをはじめることにしました。
ちょっと大げさですね。
最近は、怪獣キットも数少なくなってきたことから、模型制作とフィギュア原型の制作が中心になっています。
私の制作技術などはとてもプロの方には及びません。
自分で作り上げた作品の記録なども掲載していく予定です。
ちなみに「nimo」というニックネームは、海水魚飼育も趣味だからです。
海水魚飼育のブログ「ニモを飼おう!!」も書いています。
海水魚飼育に興味がある方。
暇つぶしに読んでやってください。


ボークス


Shopping1


Shopping2


Shopping3


最近の記事


月別アーカイブ


デイリー総合ランキング


スポンサードリンク


まとめ

フィギュアを作ろう

新年あけましておめでとうございます。
今回の製作は、15年以上前に購入したプラモデル「ホンダシビック」に付属するフィギュア。
いわゆるカープラモに付属するただのおまけフィギュアです。
当然モールドも、よくできている訳ではありません。
以前にも3体ほど製作しましたが、未製作だった最後の1体の製作です。
このフィギュアで肌色表現をテーマに油絵の具でチャレンジです。
フィギュア (2) フィギュア (1) フィギュア


フィギュアの塗装。
色々な塗装方法を試してみましたが、ファレホと油絵の具の両方を使用して塗装を行うのがベストなようです。

全体の基本塗りはファレホで行う。
ファレホは隠蔽力もあり、下地ぬりに向いています。
細かい色の微調整は油絵の具で行います。
どうもわざわざ、タルビンタン氏のように黒立ち上げにする必要もないようです。

私にとっては、完全に陰になる部分を除いては、原則は明るい色から塗装して行く方法。
水性画を描くように塗装を行う。
この方法が、もっともうまく行くようです。

油絵の具は拭き取りが可能です。
塗りすぎたら、拭き取ればいいのです。
これは大きなメリットです。

また、最大のメリットはファレホも油絵の具も、臭いがきっくないことです。
油絵の具の筆洗いも、微香料のものがあります。
これは助かります。
フィギュア塗装はじっくり、やりたいものです。
有機溶剤を使用しないでできる塗装。
これが私にとっての最重要ポイントです。

今年こそはいよいよ、ヒストリカルフィギュアにチャレンジしてみるつもりです。

スポンサーサイト

トラックバック

http://shouwakaijyuu.blog99.fc2.com/tb.php/64-a7cae9a6

 | HOME |  ▲ page top